『引き裂かれた世界の文学案内—境界から響く声たち』

¥ 2,420

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 370円
通報する

人種、宗教、性…分断される世界を生き抜くための必読書。4名のゲストを迎えた、スペシャル対談も収録。

第1章 引き裂かれた世界(今そこにある差別―フィリップ・ロス『プロット・アゲンスト・アメリカ』;二つの世界の狭間で―フィリップ・ロス『さようならコロンバス』 ほか)
第2章 私らしく生きるということ(側にい続けること―ミュリエル・スパーク『仕上げ学校』;人種と恋愛―チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカーナ』 ほか)
第3章 触れる、身体の奥へ(世界を見るということ―ジョン・バンヴィル『海に帰る日』;踊りと文学―J・M・クッツェー『イエスの学校時代』 ほか)
第4章 祈ること、働くこと、生きること(労働の現実―チャールズ・ブコウスキー『郵便局』;職務への誇り―ミシェル・ウエルベック『地図と領土』 ほか)
第5章 言葉を読む(雑誌『フリーマンズ』と世界文学―リディア・デイヴィス「ノルウェー語を学ぶ」アレクサンダル・ヘモン「失われた空間を求めて」;町田康を英語で読む―町田康『パンク侍、斬られて候』英語版 ほか)

1/23(土)トークイベント「翻訳家はどうやって本を読んでいる?」にご登壇頂いた都甲幸治さんの著書です。